沿革・概要

沿革

引き継がれる時代と共に、奥飛騨の旅路を彩りと賑わい。飛騨高山を訪れる人々と地元とみなさまに愛され続けるように

寛延年間:1748

江戸中期、初代清左衛門は三川村(現国府町三川)より、現在本店南隣に呉服店営業。屋号を三川屋に。2代目藤助、3代目藤助へと継ぐ。

天保

4代目甚助、本店南隣を建築(現身障会館)5代目清兵衛に引き継ぐ。

弘化3年

6代目清兵衛は現在の本店に移り指物業を開業し、「三川屋箪笥店」改名。桐箪笥、春慶箪笥の製造、卸、小売業を営み、明治・大正を経て7代目清兵衛へと継ぐ。

昭和39年

生活の洋風化に伴い、本店木造3階建を新築し、ベット、応接セット等の脚物家具を加える。

昭和40年

木造倉庫建築

昭和43年

家具インテリア関連の東店オープン

昭和45年

株式会社三川屋タンス店 設立

会社概要

会社名

株式会社三川屋タンス店

設立

昭和45年10月2日

資本金

3,000万円

代表者

代表取締役 三川 洋史